マスミのdiari-matahari


青年海外協力隊・青少年活動として2年間活動するマスミの徒然マレーシア日記♪まーまー。ぼちぼち。焦らず焦らず。そんなマレータイムで更新予定です。笑
by jjttppssjj
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

みつや

【ちびまるこちゃん】の中に「みつや」ってお店でてくるでしょ。
わたしが心の中で「みつや」と呼んでいるお店が家の近くにある。


おじいさんとおばあさんが二人で切り盛りしていて、
駄菓子とかジュースを売っている小さい小さいお店。


朝、店(家)の前を通るとおじいさんが庭のジャックフルーツを収穫していたり
夕方、前を通るとおじいさんとおばあさんが二人でブランコ乗っていたり
たまにタミール語を教えてくれて、店の前を通る度に大きな声で挨拶してくれる。
日本から送られてきたお菓子を2人へあげたらとっても喜んでくれた。
わたしがそのお店で買うのはいつも10セン(3円)の身体に悪そうな真っ赤のチューペットアイス。








今日、「みつや」の前を通りかかったら・・・
見覚えのないテントとたくさんの人がいた。
それ見たら・・・ちょっと嫌な予感がしたんだよね。
少し前にそれをキリスト教のある場所で見かけたから。
だけど、彼らはヒンズー教だし・・・「まさか」って思った。
ヒンズー教は関係ないけどハリラヤのお祝いかと思った。




「なんでこんなに人がたくさん居るの?」




テントの中に座ってる人へ聞いたら・・・
「みつや」のおばあさんが亡くなったそう。
突然、昨日心臓発作で・・・。
ついこないだ挨拶を交わしたばかりなのに?
信じられなかった。



わたし、思わずおじいさんの姿を探してた。
おじいさんいつも笑顔なのに、小さく肩を落としてぼんやり座っていた。
わたしに気付いて側に歩いてきてくれた。



だけど・・・あたし何にも言えなかった。
のどに言葉が詰まって言葉が出てこなかった・・・
「ご冥福をお祈りします」なんて言葉知らないし・・・
なにより、おじいさんの前で涙をこらえるのに必死だった。




明日もう一回家を訪ねてみようかな。
いっぱいお世話になった人なのに、何も言わずにお別れなんて嫌だ・・・。
[PR]

by jjttppssjj | 2010-09-13 21:27 | つれづれ
<< 20倍の愛を込めて 20代でこれは・・・マズイと思... >>